シーガードによるカバールーフ工法

これまでの平板スレートの問題点

平板スレートの屋根材は経年による劣化により再塗装や板金屋根材などによる重ね張りなどのメンテナンス補修が必要不可欠でしたが、そういった方法にはいくつかの問題点がありました。
塗装時は、塗装後の現場での自然乾燥という工程からスレート屋根材との密着度が低くなる傾向があり、また塗装しても数年でまた塗装が必要になることが多く、また屋根材での重ね張りは既存の平板スレートの上から屋根材をビス止めするため、既存平板スレートがビスを貫通するときに割れてしまい、割れたままで上から屋根材に抑えつけられる状態になってしまいます。

まったく新しい屋根カバー工法

シーガード工法とは、耐久性・対候性に優れた鋼板をあらゆる環境において優れた強度を持つ接着剤で平板スレート屋根をリフレッシュする画期的なカバー工法です。
 既存の屋根にビスなどで穴をあけないので、施工中の雨もりの心配もなく、施工後も長期間にわたり美しくかつ優れた性能をご提供し続けます。

シーガードによる施工の特徴

既存の平板スレートにジャストフィット

シーガードは平板スレートにピッタリとフィットするので、屋根材の高さが変わらず壁際や棟・ケラバ部材の交換が不要となり、雨どいの調整の心配もいりません。
また周辺部材の交換も不要なので、屋根の一面のみの改修や部分張りでも施工が可能となっています。太陽光発電の金具のサポートにもお勧めです。

既存屋根に穴を開けない静かで安心の工法

シーガード本体は耐候性に優れた銅板を使用し、10年以上塗り替えを必要としません。 また専用接着剤は銅板を制震し音を抑え、既存屋根が外部で受ける熱をやわらげる構造となっています。
そして優れた施工性によって短縮された工程で高いコストパフォーマンスを発揮します。

高い性能で優れたコストパフォーマンス

既存平板スレートに専用の接着剤を塗布して施工する工法なので、ビス止めなどで既存屋根材を傷めることなくスマートに被せて施工することができ、重ね葺き時の雨漏りのリスクを解消した安心工法です。
電動工具をほとんど使用しないため、作業環境は塗装工事なみに静かになります。

美観性と耐久性に優れた鋼板 ネオマット

シーガード本体は、錆に強いガルバリウム鋼板の上に有機骨材を混ぜたポリエステル塗装を施し焼き上げられた鋼板 ネオマットを使用しています。
こちらは酸性雨や紫外線に強く、優れた耐候性が実証されている鋼板です。

シーガード商材紹介

城戸瓦店での施工事例紹介

雪の重みでスレート瓦が割れていたようで、今後のメンテナンスを考え耐久性も高く塗装が剥げない施工方法を提案してほしいとのことでした。
城戸瓦店としては、屋根に穴を開けることなく既存のスレート瓦の上に取付施工ができ、なおかつ廃材も出ずに長期的塗り替えしなくていいシーガードでのカバー工法をご提案させていただきました。
施工後には見違えるような傷ひとつない屋根にリフォームされ、今後長期間にわたり塗り替え不要な屋根となっております。施工性も優れておりますので、工期は短く高いコストパフォーマンスを発揮することでしょう。

詳しくはお問い合わせください

ここまでお読みいただきありがとうございます。
なぜ城戸瓦店がシーガードでの屋根工事をお勧めしているのかおわかりいただけたかと思います。

スレート屋根リフォームをご検討の際は、屋根材の劣化状況はもちろんのこと、工法や屋根材もあわせて把握することで、より住まいを長持ちさせる質の高いメンテナンスに繋がります。

今後もホームページを通じて情報発信していきますが「もっと詳しく知りたい」「わからないことを教えてほしい」という方は、どうぞ遠慮なく私たちにご連絡ください。

城戸瓦店について

城戸瓦がお客様に選ばれる理由 LINE@友だち登録キャンペーン

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
私たちが地元の皆様に選ばれる理由とは?
LINE@友達登録キャンペーン
  • WEB検定屋根工事価格表

  • 瓦屋根工事
  • 雨漏り修理工事
  • 雪止め設置工事
  • 雨樋・その他工事
  • 瓦屋根職人が本当に
オススメする屋根工事とは?
  • こだわりの県産材で
屋根工事しませんか?
  • 雨漏り診断
  • 屋根の修繕費が0円に!?